2008年01月22日

「勉強の感想」欄について

チェックシートの記入欄に生徒に必ず書くこととして、「勉強の感想」を書かせる項目があります。

生徒は授業の感想をいろいろと書きますが、その内容は抽象的なものが多いです。
例えば、「よくわかった」、「難しかった」、「楽しかった」、「しんどかった」などです。

折角、貴重な時間を使って授業を受けたのに、その感想がこれだけではあまりにも寂しいですね。

生徒は授業を受けたからには何かプラスになったことがあったはずです。
(プラスがなければならないのですが・・・。)

そこで、この勉強の感想をもっと具体的に書かせるために、このスペースには、今日の授業で理解した項目、覚えた言葉などを具体的に書かせるようにしてください。

そうすることによって、生徒は毎回の授業の充実を実感できるだけでなく、何を学んだのかが明確になり、学力の向上にもつながります。

早速、明日から、漠然とした感想を書かせているのであれば、塾の授業を受けて、今日は何がプラスになったのかを書かせるようにしてみてください。

ブリーディングエースのチェックシートは保護者への報告をするための集計だけでなく、生徒の学力向上をサポートする役割もあります。


保護者との信頼関係を構築する学習報告書作成システム「Breeding Ace」(ブリーディングエース)や国語力を強化する作文教室など、学習塾の経営に役立つ情報は

posted by breedingace at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 活用事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

総評欄の活用方法

学習報告書の総評のコメント欄は、600パターンのコメント集からコメントを選択して保護者に報告をしていますが、このスペースに生徒の感想を書かせることで、更に充実した報告書が出来上がります。

例)

総評のコメント欄は5段落から構成されていますが、
1段目のコメントタイトル欄「今月の成果」と入力して、コメント欄と2段目のコメントタイトル欄とコメント欄は空白にします。

次に、3段目のコメントタイトル欄「期末テストの目標」と入力して、コメント欄には「国語  点、数学   点、英語  点、理科  点、社会  点」といったコメントを入力して、4段目のコメントタイトル欄とコメント欄は空白にします。

最後に5段目のコメントタイトル欄には「講師からのコメント」と入力して、コメント欄は空白にします。

この状態で報告書を印刷して、コメント欄の空白には生徒の感想や、テストの目標点、意気込みなどを書かせて、最後に先生から一言アドバイスを記入します。

保護者には先生からの一方的な報告コメントばかりでなく、自分の子供が塾でどのように頑張っているかもわかる報告書になります。

ちょっとした工夫ですが、保護者の方にはとても嬉しい報告書になりますので、たまには生徒の感想を主体とした報告書としてブリーディングエースを活用してください!


保護者との信頼関係を構築する学習報告書作成システム「Breeding Ace」(ブリーディングエース)や国語力を強化する作文教室など、学習塾の経営に役立つ情報は

posted by breedingace at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 活用事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

生徒の基準表

生徒に「集中しなさい」と注意をすると、今の生徒は、友人と話をしていても、「集中している」と平気で言う生徒がいます。

これは「集中しなさい」と言う言葉が、抽象的であり、集中するということがどいうことなのか、生徒にしっかりと伝わっていないからです。

教室に入るとどのように集中しないといけないのか、生徒に明確に伝わるように塾内で基準表を作ることをオススメします。

例えば、

□ 私語をしない
□ 先生の顔を見て話を聞く
□ 落書きをしない
□ トイレに立ち歩かない
□ 寝ない

といった5項目を作り、5項目全てクリアしていたら、チェックシートの集中度には「5」をチェックする。

このように、基準表を作成しておくと、教室内での集中の仕方について、明確に生徒に伝わり、自然と集中できるようになります。

「チェックシート講師記入欄基準表」だけでなく、「チェックシート生徒記入欄基準表」も是非、塾内で作成してください。

ブリーディングエースが単なる保護者への学習報告書を作成するシステムではなく、生徒の学習態度を改善して、学力を向上させるシステムとして活用できます。



保護者との信頼関係を構築する学習報告書作成システム「Breeding Ace」(ブリーディングエース)や国語力を強化する

作文教室など、学習塾の経営に役立つ情報は

posted by breedingace at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活用事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

学習報告書は連絡帳

ブリーディングエースの学習報告書は、個別指導であれば毎月、集団指導であれば、学期ごとや隔月に保護者に渡されるケースが多いです。

学習報告書は、保護者に生徒の塾内の様子や勉強の頑張りについて報告することが目的ですが、講師からの一方的な報告だけでは、保護者との強い信頼関係は築けません。

また、学習報告書を郵送で渡したり、生徒に手渡ししても、確実に保護者の方が見ているかどうかはわかりません。

そこで、学習報告書は生徒別にファイルに綴じて、保護者に渡すことをオススメします。

学習報告書ができると、生徒に報告書ファイルを渡して、保護者の方らから報告についてのコメントやサインをもらい、次の学習報告書を作成するまでにそのファイルを回収する、いわゆる連絡帳のようなやり取りをすると、保護者との信頼関係が更に強化されます。

コミュニケーションの回数イコール信頼関係ですので、講師からの一方的な報告で終わるのではなく、学習報告書を通じて、保護者からの声も聞ける、双方向の体制を築くことが、本当の学習報告です。


保護者との信頼関係を構築する学習報告書作成システム「Breeding Ace」(ブリーディングエース)や国語力を強化する作文教室など、学習塾の経営に役立つ情報は

posted by breedingace at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 活用事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。